【あせとせっけん】単行本も出た!あらすじ・感想・ネタバレが分かります

↑ タップすると「あせとせっけん」の単行本が試し読みできます


漫画・コミックランキング

面白いですねーこの漫画。 読んでみると人気があるのも分かります。 主役の女の子すごくかわいいし。

読み始めるといきなり「これから毎日1週間、俺は君のにおいを嗅ぎに来ます!!」という超変なセリフ。

冒頭から引き込まれます。

あせとせっけんってどんな漫画? 第1話のあらすじを教えて

主役はちょっと汗っかきの女の子、八重島麻子。(やえしまあさこ)  

子供の頃からそれがコンプレックスでデオドラント用品がいつも手放せない。

八重島麻子は以前からあこがれだった、化粧品・バス用品メーカーで働いている。

せっけんが大好きな彼女は、社内に展示されていた新商品のせっけんを見つけて幸せな気分に浸っていると突然背後から近づいてきた男に体のにおいを嗅がれてしまう。

男の不審な行動に驚く彼女。 でも、男はかなりのイケメン。

「今、君のにおいにビビッときた もっとじっくり嗅ぎたいので少々お時間頂けますか?」と男は言う。

「頂けません!」と言い放ち、麻子は逃げる。  男はものすごい速さで彼女に追いつき捕まえ、「悪いようにはしません 嗅ぐだけです!」と言いながら狭い部屋に彼女をむりやり連れて行く。

「さぞ不快な思いをされたと思いますが どうか命だけはお助けください」と、彼女は泣き出してしまう。

すると、男は「あなたは不快なにおいなんかじゃありません むしろめちゃくちゃいいにおいです」と言うと、彼女がいつも使っているデオドラント用品を商品名まで全て言い当てる。

男は商品開発部プランナーをしている、とても鼻がいい人間だったのだ。(名取香太郎という)

名取は「あなたのにおいを嗅ぐとインスピレーションが湧くから、これから毎日君のにおいを嗅ぎに来る。 会社のためです。」と言い、去る。 

この女性は作品とは関係ありません

それから本当に名取は毎日麻子のにおいを嗅ぎに来るようになる。

麻子の首すじに顔をくっつけるようにしてにおいを嗅ぐ名取。 

コンプレックスがある麻子は目をつむって嫌がるのだが、その嫌がる姿がとてもかわいい。

そのうち、会社は土日の休日を迎える。 休み明けの月曜、名取はとてもゲッソリとやつれている。 目の下にはクマまで。

彼は麻子を見つけるやいなや誰もいない階段に連れていき、麻子の胸元に顔をくっつけるようにして、思いっきり彼女のにおいを嗅ぐ。

すると、ゲッソリしていた彼の顔はたちまち元通りに‥

名取は土日の間、麻子のにおいを嗅げなかったので麻子ロスになっていたと言う。

そして、麻子の腕をつかみ体を引き寄せ再び麻子のにおいを‥‥

ん? 名取は麻子が好きになっちゃったのかな? 毎日体近づけたり、体をタッチしたりしてたらだんだん好きになっちゃいますよね、そりゃ。

名取はキスでもするかのように麻子に顔を近づけると、麻子の太ももに触れてくる。 反射的に名取を突き飛ばしてしまう麻子。

二人は今後どうなる? 恋に発展するのでしょうか? 

あせとせっけんの感想 

読み始めるともう夢中になってどんどん進めてしまいます。 

主な登場人物が今のところ2人だけなので、話も分かりやすい上に面白いです。 退屈するところが全く無いんですよね。

主人公の麻子がまたかわいいんですよ。

普段はメガネっ娘なんですが、入浴シーンとかでメガネを外すとほんとにかわいい。 メガネしててもかわいいんですが。

性格も子供のように純真で乙女でそしておくて。 もう26歳なんですが。

男性だったら誰でもこんな娘と付き合ってみたいなと思わせる女の子なんです。

名取はイケメンで仕事熱心なんですけど、子供のようにお茶目でかわいいところもあるし、変な男から麻子を守ったりするなどかっこいいところもあるし本当に魅力的な男です。

他の登場人物としては麻子の上司がおります。 この人はオカマで、しゃべり方が面白くて麻子にやさしいところが好きです。

においがきっかけになって人を好きになるという斬新なストーリーがいいですね。 2人がどうなっていくのか先も気になりますし、笑える場面も多くて、読んでいて幸せな気分になれる漫画です。

作者:山田金鉄(やまだきんてつ)

あせとせっけんのネタバレ

ネタバレを書きますが、あせとせっけんをこれから読むつもりの人はこれ読んじゃうと面白味がすごく減っちゃうぐらいまでネタバレの内容ですので別のページに書きました。どうしても読みたいという人だけ下のネタバレをクリックしてください。

ネタバレ

トップページで面白い漫画をたくさん紹介しています

関連記事一覧