あしたのジョーは一番まともなボクシング漫画 これだけ読めばOK

誰もが知ってる超有名作品ですね。 名作ボクシング漫画です。 単行本もアニメも夢中になって見たものです。 

タップすると試し読みできます ↑

ボクシング漫画はあしたのジョーだけ読めばいいと思いますよ。 他のはまあくだらない、くだらない。 特にリングにかけろとかね。 

リンかけはくだらなすぎて読んだことないですね。 読んだことないのになんで分かるんだと言われそうですが、パパッと見ればくだらないかどうかぐらいすぐ分かるじゃないですか。 

はじめの一歩についても他のページに書きましたが、最初のうちはいいんですが、初めから強い敵を出しすぎて、しまいにはネタがなくなってしまうというお粗末ぶり。

あとはがんばれ元気なんてのもありましたね。 あれはくだらないとは思わないけど小山ゆうの絵嫌いなんですよ。 どの作品も主人公が眉毛がぶっとい女みたいじゃないですか。 かなり気持ち悪いですよ、小山ゆうの絵。

まあ、あしたのジョーもハリマオ戦とかダブル・クロスカウンターやトリプル・クロスカウンターなんかはくだらないですけどね。 でも、漫画なのにあまりリアル路線すぎても面白みがないから、あのぐらいはいいんじゃないですかね。 

あしたのジョーは、孤児で住む所もないジョーと丹下段平の出会いから始まります。 初めの方の話は忘れてしまいましたが、ジョーはそのうち詐欺罪で捕まり少年院に入れられます。 

少年院時代で印象的なのは、丹下段平の通信教育です。 丹下段平は少年院の中のジョーに手紙でボクシングの基礎を教えるのです。 有名な「あしたのために その~」ってやつですね。 

最初はジャブ、次が右ストレート、3つ目がフックではなく「クロスカウンター」なのが???ですが(笑) ちなみに、クロスカウンターが漫画の世界だけの技ではなく、実在する技だと知った時はかなり感動しました。 (ボクシング雑誌でフリオ・セサール・チャベスという選手がクロスカウンターを決めている写真を見たんです すごくかっこよかった)

あと、少年院ではジョーの最大のライバル、力石徹に出会いますね。 あしたのジョーは有名だし古い作品なのでどんどんネタバレしちゃいますが、少年院の中ではボクシング大会が開催され、やがてジョーと力石も戦います。 そして、2人は引き分けになります。 クロスカウンターで2人ともノックダウンして。

力石はジョーをライバルと認め、そして何日かすると力石が先に出所します。 やがてジョーも出所すると、いよいよプロボクサー時代になります。

力石はプロボクサーとしてライバルであるジョーと戦うことにしますが、ここでボクシングの体重の階級の問題が立ちはだかります。 力石とジョーでは階級が2つも違うのです。 

そこで力石は地獄の減量をすることを決心します。 力石はなんと10kg近くも体重を減らさないとならないのです。 太っている人が10kg痩せるのとはわけが違います。 元々贅肉などほとんどないボクサーが10kg近くも痩せようというのですから、実際にそんなことをするとしたらほとんど自殺行為ですよね。 

力石は1日にりんごを一個しか食べないという厳しい減量を始めます。 途中、力石は減量のあまりの過酷さに発狂し、「減量はやめだー」と叫び出します。 白木葉子(力石が所属するジムの幹部の人)が力石の体を心配してコップ1杯の白湯を差し出すと、力石はそれを断り白湯を床に捨てます。 そして冷静さを取り戻し、また減量を続けるのです。

そうしてついに、ジョーと力石の試合の日が来ます。 力石がリングに上がりガウンを脱ぐと観客も丹下陣営の人たちもみんな大変驚きます。 力石がガリガリの病人のような姿だったからです。 

試合は力石のKO勝ちという結末になります。 そして、試合後2人はグローブを外し握手をしようとします。 感動の場面ですが、手を繋ごうとした瞬間、力石は倒れてしまいます。 そして帰らぬ人になってしまいます。

試合中にジョーが必死に振り回した左右のフックの一発が力石のこめかみに命中し、ダウンした際にロープに後頭部を強打したのと、あまりにも過酷な減量が死因だと言われています。

力石の死がトラウマとなり、ジョーはその後、相手の顔面を強打できない欠陥ボクサーとなってしまいます。 日本チャンピオンのタイガー尾崎にもこれのせいで負けます。

しかし、ベネズエラから来た天才ボクサー、カーロス・リベラと戦うとジョーは復活するのです。 

その後もジョーは強い相手と戦います。 韓国の金竜飛、レオン・スマイリー(アニメのみの相手)、マレーシアのハリマオなど。 あと、ウルフ金串なんて人もいましたね。 ウルフは力石の1つ前の相手ですけどね。

そして、最後の相手は世界チャンピオンのホセ・メンドーサです。 ホセはコークスクリューパンチが得意技で、しかも防御も得意で相手のパンチをぎりぎりでかわすことが出来るのです。 試合の序盤、ジョーのパンチも全然当たりません。 でも、途中から急にジョーのパンチがホセの顔面を捉えるようになります。 ジョーの片目がホセに打たれてほとんど見えなくなったせいで、狙った場所と違うところにパンチが飛んでいたためです。

そして、試合は最終ラウンドへ。 ホセのパンチ力は凄まじく、今までも対戦相手を障害者にしたり、ときには殺してしまうこともあったほどなのです。 今までホセと戦って、最終ラウンドまで立っていられた選手はいなかったのです。 しかし、ジョーはこれまでの選手と違います。 最終ラウンドまで果敢に戦い続けます。 ホセは、ジョーが打たれても打たれても倒れないのでものすごい恐怖を感じます。 

そして、試合は判定に… 結果は残念ながらホセの勝ちなのですが、ホセは恐怖のあまり試合後とても老け込んで、頭髪は全て白髪になってしまいます。 まあ、実際は白髪になるにしてもすでに伸びている髪が白髪になることはありえないんですが、そこは漫画のデフォルメということにして突っ込むのはよしましょう。 

そして、西と段平さんがジョーが動かなくなっていることに気づきます。 「わしのジョー!」と叫ぶ段平。 でもジョーはもう返事をしません。 ボクシングに全てを捧げた矢吹丈。 最後は死んでしまいますが、表情は微笑んでいて、とても満足気でした。

あしたのジョーはボクサーとしての戦いだけではなく、孤独との戦いも描いているところもすばらしいんですよね。 

あしたのジョーにはいろいろと名場面があって、私が衝撃を受けたのはジョーが出所して丹下ボクシングクラブでおっちゃんと暮らすようになった夜の場面です。 

ジョーが布団の中で泣くのです。 どうして泣くのかというと、生まれて初めて布団で寝れたからです。 ジョーはそれまでずーっとルンペン生活をしていたので、きっと橋の下なんかで寝ていたのでしょうね。 

私はそれまで考えたことがありませんでしたが、それを見てからは布団で寝れるというのはとても幸せなことなんだと感謝するようになりました。 下手な文学作品なんかより深いと思いますよ、あしたのジョーって。

ジョーは布団で寝かせてくれたという感謝の気持ちもあって、段平さんのことは口では何も言わないけれど、おやじのように思っていたんではないでしょうか。 ジョーは自分の親を知らないですからね。 

それから、ちばてつやの絵のうまさも初めて読んだ時はすごいと思いましたね。 あしたのジョーをアニメでしか観たことがない人には是非原作の味のある絵を見てほしいです。

関連記事一覧

コメントの入力は終了しました。