バチバチの1~3巻が今なら無料で読める┃漫画のあらすじも紹介

超お得情報! 今ならU-NEXTに無料トライアル登録するとバチバチシリーズの1~3巻が無料です

バチバチバチバチBURST鮫島、最後の十五日も全部ですから合計で9巻も無料で読めるわけです

 
 
⇧31日間の無料トライアル中に解約すれば月額利用料(1,990円)も発生しませんので安心してのぞいてみてください。
 
また、登録するだけで600円分のポイントももらえますから好きな漫画がさらに1冊無料で読めますよ。

無料で読む方法は他にもあります 漫画を無料で読む方法

 

ヤンキー漫画にしか見えませんが相撲漫画です(笑)⇧タップするとサンプルが読めます

私は相撲が大好きなので相撲漫画も紹介します。 これなんかすごく面白いですよ。

2009年に描かれた結構古い作品なんですが、つまらない相撲を観るよりよっぽど熱くなれます。 ストーリーの進め方がうまく、第一話を読むだけで相撲好きならハマッてしまう人も多いと思います。

絵もデフォルメの効かせ方がすばらしく、すごく迫力があるんですよね。

相撲ファンならかなり楽しめるマンガだと思います。

作者:佐藤タカヒロ  

バチバチ第1話のあらすじ

主人公は鯉太郎といいまして、元大関の息子です。 不良少年なのですが、実は密かに相撲の稽古を積み重ねてきた男なのです。

ある日、鯉太郎は相撲の巡業を観に行きます。 第1話はその巡業での、力士VS一般人の取組のシーンから始まります。 ラグビー選手など屈強な男たちが次々と序二段力士にかかっていくのですが、序二段とはいっても相手は力士。 みんな簡単に弾き飛ばされてしまいます。

そして、ついに鯉太郎と序二段力士の取組が始まります。

両者が立ち上がるやいなや、鯉太郎のブチかましが‥‥

と、これぐらいにしておきましょうか。

この作品には続編があるんです。

バチバチBURSTと言います。

 

バチバチBURSTのあらすじ

バチバチBURSTの第1話は奉納相撲の場面から始まります。 いきなり登場するのは王虎剣市という力士。(主人公の最大のライバルらしい)

彼は人気はすごいのですが、小手投げなどで相手を壊すので、力士の間ではとても評判が悪い力士なのです。 この奉納相撲でも、小手投げで勝ちます。

そして、王虎の本性を見破ったのか、観客の中の1人の少年が王虎のことを見て恐れおののいて震えます。

この少年は親に無理矢理相撲取りにさせられそうになっていて、いずれ鯉太郎の弟弟子になるようです。 彼はまだ17歳なのに体重が130kgもあるのですが、ものすごく気が弱く、スポーツ経験も全く無いのです。

気弱な彼が力士としてどのように成長していくのかも面白そうですね。

王虎の取組が終わると、鯉太郎の出番が。その相手はなんと王虎と同じ部屋の力士。(王虎との会話から判断すると同期みたい) 体も鯉太郎よりかなり大きい。

先ほどの気弱少年も、体格差がありすぎるからダメだろうと予想する。

しかし、鯉太郎の強烈なブチかましが‥‥

と、またこの辺までにしておきましょう。

このバチバチシリーズにはまだ続編があります。

鮫島、最後の十五日と言います。 

鮫島、最後の十五日のあらすじ

第1話は両国国技館の場面から始まる。 五月場所の12日目。 幕内力士入場! 鮫島鯉太郎もついに幕内力士になっていた!

力士たちが入場してくると場面は数日前に戻る。 鯉太郎はある力士の部屋に現れる。

その部屋とは明王山憲昭という大関が所属している部屋! 

鯉太郎は部屋に入るやいなや明王山に喧嘩をふっかける。

その理由は‥‥秘密にしておきましょう。

場面戻って国技館。 いよいよ取組が始まる。

相手は大関。 しかし、鯉太郎は一つの取組に全力をかける。 本当に死ぬ気で行く。

大関相手に勝てるのか鯉太郎?

と、この辺りまでにしておきましょう。

 ちなみに、大関の明王山憲昭は40歳の超ベテランです。(40歳で大関なんて普通ありえませんが) 余談ですが、安美錦をモデルにしていると思われ、かなり似ています。

トップページでおすすめの漫画をたくさん紹介しています

本ページの情報は2019年5月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

関連記事一覧