【いぬやしき】映画やアニメも有名だが原作の方が面白い 読もう

☞ いぬやしきを試し読みしてみる

この漫画はタイトルですごく損していると思います。私も「いぬやしき」って聞いた時、時代劇なの? つまらなそうだなと思ってしまいましたが実は全然違います。ターミーネーターのようなロボット2体が人を救ったり、殺したりする話です。 表紙をタップすると試し読みできます⇧

いぬやしきのあらすじと魅力

ある日突然、宇宙人によって、見た目は人間だが中身は機械というターミーネーターのような体にされてしまった2人の人間が繰り広げる話です。 2018年によく映画の予告がCMで流れてましたね。 

あの予告を見て、くだらなそうと思った人が多いと思いますが(正直、私はそう思いました 主役が木梨憲武だし)、原作の方はとても面白いので映画はパスした人でも漫画は是非読んでほしいと思います。

最初はちょっと退屈です。 58歳のさえないおじさん(犬屋敷壱郎)が主役なんですけど、家族にもバカにされてるし、電車の中で高校生に喧嘩を売られたりするし。 

でも、この漫画はすごく絵がきれいで特に表情の描写がすばらしいので、悔しそうな犬屋敷さんを見てるとだんだんと感情移入してしまいます。 

また、背景に写真をトレースしたものを使うという手法をとっているので、すごく斬新な感じがします。

犬屋敷さんはそのうち胃がんと診断され、医者に「もって3ヶ月ぐらいかなあ」と言われてしまいます。

その夜、犬屋敷さんは愛犬のはな子を連れて公園に行きます。 はな子を抱きしめてわーわー泣いていると、若いイケメン男性が犬屋敷さんの近くに来て空を見つめます。

次の瞬間、犬屋敷さんとイケメン男性のいた所で爆発が起きます。 

気がつくと、夜だったのにもう朝になっていました。 いぬやしきが面白くなるのはこのあたりからです。

それから犬屋敷さんは体の異変に少しづつ気づいていきます。

なにを食べてもおいしくないし、目が悪かったのに眼鏡なしでもはっきりと見えるようになっているし、レントゲン撮影をしてもらうと体が真っ白に映るし。

怖くなって自分の部屋で犬に話しかけながら悩む犬屋敷さん。 はな子に手を舐めさせると、腕から突然ガシャッと音がして……

あ、ここからはあまり具体的に書くとネタバレになってしまって、これから読む人はつまらなくなってしまうので大まかなあらすじを書きますね。 

犬屋敷さんは新たに得た能力を使って、危険な目に遭っている人を助けたりします。 

また、現在の医学では治せない難病でも治せる能力もあることに気づき、自分の能力を人のために使うことを生きがいとして生きることにします。 

一方、あの夜爆発に巻き込まれたイケメン男性獅子神皓(ししがみひろ)も犬屋敷さんと同じ機械の体になっていたのですが、彼は犬屋敷さんとは反対にその能力をATMから不正にお金を引き出したり、人を殺すために使います。

まるで神と悪魔ですね。

獅子神は人を殺すために、知らない人の家に急に現れたりするのですが、絵が非常に不気味なのでそういう場面は本当に怖いです。 読んだことのない人には是非とも見てほしいです。

やがて正反対の考えを持つ犬屋敷壱郎と獅子神皓は戦うようになります。

2人の戦いはどうなるのでしょうか?

先ほどの、腕から突然ガシャッと音がして…の続きのあらすじを読んでみたい方はページ下部に書きましたので、こちらをタップしてみてください。 そこまでジャンプします。

なんでも実写化してしまうのってどうなの?

いぬやしきは映画化もされているわけですが、こういう非現実的な漫画って実写化しちゃいけないと思うんですよね。 

漫画って、かなりありえないような話とかバカバカしい話でも面白くしてしまう力があると思うんですよね。

でも面白い漫画だからって、実写化してしまうと途端にすごくくだらないものになっちゃたりする。 

例えば、天才バカボンだって漫画やアニメだから面白いんであって、ドラマにしてしまうとすごくくだらなくなるじゃないですか。 このいぬやしきなんかもそうですよね。

なんでもかんでも実写化しちゃダメですよ。

背中からジェット噴射しながら空を飛ぶとかって漫画だと面白いけど、実写でやるとすごくくだらない感じがする。

そこへ持ってきて主役が芸人ですからね。 あの予告見た時に「また漫画みたいな映画作ったな」と思ってしまいました。

漫画はばかばかしくてもいいけど、映画はまじめに作らないと。 まあ日本の映画は漫画を元にしたものが多いのでしかたありませんけど。 

あらすじの続き

はな子に手を舐めさせると、突然ガシャッと音がして腕が開き、中から複雑な機械が飛び出してきました。

犬屋敷さんとはな子はとても驚きます。 そして、自分の体をいろいろといじくっていると顎にボタンがあることに気がつきます。

それを押してみると今度は頭が開いて、中には脳ではなく野球のボールぐらいの大きさの球状の物体が入っていました。

犬屋敷さんはようやく本当の自分はすでに死んでしまったことに気がつきます。 そしてひとり言を言います。

私が犬屋敷壱郎ではないなら…家族を養う必要もない

そして犬屋敷さんは生き方をガラッと変えます。 それまでは家族のために生きてきたのですが、世のため人のために生きることにします。

オヤジ狩りに遭っている浮浪者や不良にからまれている会社員を助けたりします。

ターミーネーターのような体なので、バットで殴られてもなんともないし、背中からは小さなロケット弾のような物をたくさん発射できたりします。

そして、なんと空を飛ぶことも出来ます。背中からジェットエンジンのような装置が出てくるのです。 

しかし、犬屋敷さんは最初は全然うまく飛べずに落っこちてしまったりします。 でも機械なので落ちても死にません。 

もう一人の機械人間の獅子神皓ですが、初めはいじめを受けて登校拒否をしている友達(安堂直行)を助けますが、そのうちいじめていた連中を射殺してしまいます。

手をピストルの形にしてバンッと言うと本当に弾が出るのです。

他にも車に念を送って交通事故を起こさせたり、ATMをハッキングしてお金を引き出したりも出来ます。 獅子神ももちろん空を飛ぶことが出来ます。

また、獅子神は見知らぬ人の家に入っていって、そこに住む人たちを射殺したりします。 

犬屋敷さんは人を助けると喜びを感じるのに対して、獅子神は人を殺すと生きている実感がわくのです。

獅子神が人を撃ち殺すところを目撃してしまった安堂直行は犬屋敷さん出会って、共に獅子神を止めようと行動を起こします。 

一方、獅子神の犯行はやがて世間にバレ、追われる身となってしまいます。 

さて、警察はこんなターミーネーターのようなやつを捕まえることが出来るのでしょうか? 犬屋敷さんと獅子神の戦いはどんな結末を迎えるのでしょうか?

トップページもご覧ください 漫画についていろいろと語っています

関連記事一覧