ヲタクに恋は難しい 映画化決定!でも絶対原作の方が面白い 読もう

ゲームオタク友達がいつしか恋人同士になるという変わったラブコメディ クリックすると試し読みできます⇧ 私の時は1巻まるまる無料で読めました

この漫画かなり人気があるみたいで、「次にくるマンガ大賞2014」という賞の「本にして欲しいWebマンガ部門」で1位を獲得しているんですよね。

2020年には映画も公開されるんですね。 でも、絶対原作のほうが面白いですよこれは。 だって映画の配役は高畑充希さんと山崎賢人さんが主役ですよ。 誰がどう見ても原作の主役2人の方がずっと魅力的です。

そう、ヲタクに恋は難しいの男の方の主役はゲームオタクなのにかっこいいんですよね。 背高いし。 そして、女の方の主役もオタクなのにかわいい。

宏嵩(ひろたか)と成海(なるみ)は幼い頃からの友達。 成海はオタクであることを家族にもひた隠しにして生きてきた。 職場でもまるで普通の人のように演じ、スーパーマンのように周囲を騙しながら生きてきた。 オタクであることを唯一さらけ出せるのは宏嵩だけ。

2人はほとんどオタ友のような関係だったのだが、ある日2人で飲みに行った帰り道に、これ以上気の合う人間はいないことにお互いに気づき、26歳にしてようやく付き合い始めることになる。

この漫画の一番面白いところは2人の会話ですね。 オタク同士の変なやり取りが実に面白い。 例えば、付き合いだしてしばらく経った頃、成海が宏嵩の家に行くことになります。 成海がソファーに座っていると宏嵩が顔を近づけてきます。 キスされるのかと思い成海はドキドキするが、宏嵩は成海のそばに置いてあったゲームのコントローラーを取りに来ただけだったのです。 

成海(狼狽しながら)「ゲームするんですか」

宏嵩「しないの?」

成海「します」

宏嵩「マリカーする?」

成海「します」

こんな感じの会話ですね。 彼女来てるのにゲームすんのかよみたいな流れが面白いです。

ゲームが好きな人には特におすすめですね。 オタクが主役の漫画と言っても2人とも顔がきれいなんで絵を見てるだけでも楽しいです。 なので女性が読んでも楽しめるでしょう。 

もちろん、ゲームばかりしているわけではなく、しばらくすれば●●シーンもあったりと、ちゃんと恋は進展していきますからお楽しみに。 

ちなみに、成海はゲームオタクなだけではなく、漫画を描いてコミケで売ったりもしますし、他にコスプレの趣味もあります。 なんだか「しょこたん」みたいな女性ですね。 成海はちょっととろいので漫画を描くのを宏嵩が手伝ったりします。

それから、2人の会社の先輩の樺倉さんと花子さんという人たちが準主役として登場します。 こちらもかっこいい人と美人のカップル。 実はこの人たちも結構ゲーム好きで、これら4人が宏嵩の家に集まってゲームをしたり酒を飲んだりするシーンもあり、とても面白いです。

作者:ふじた

私の時はキャンペーンをしていて、1巻が無料で読めました

 
 
 
 
トップページでおすすめ漫画をたくさん紹介しています
 
 
 
 

関連記事一覧

シェアする

たろきちをフォローする

コメントの入力は終了しました。